囲碁界初!!十代の芝野虎丸新名人、将棋の羽生さんを彷彿!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7、8に行われた囲碁の第44期名人戦七番勝負の第5局を制した芝野虎丸八段(19)が、張栩(ちょうう)名人を破り、新名人となった

インタビューで、「自分なんかが名人でいいのかな」と嬉しさをかみしめていました

1989年、当時の最年少記録の19歳で、初のタイトル・竜王位を獲得した羽生善治さんと彷彿とさせる新星の誕生です!!

将棋界では、藤井聡太7段が注目されていますが、若い世代の活躍に目が離せません!!

久しぶりの明るいNEWSなので、シェアしてお友達にも教えてあげましょう!!

上記2点の動画は、朝日新聞社チャンネルさんより

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

以下、産経新聞 THE SANKEI NEWSより引用

https://www.sankei.com/life/news/191008/lif1910080050-n1.html

--史上最年少タイトルホルダー、最速と記録ずくめの名人。どんな気持ちか

 「自分が名人でいいのかなという気持ち。大きな分岐点。今後も満足せず頑張っていきたい」

 --2日制の対局や持ち時間8時間は初めての体験。どんな印象だった

 「大変というより新鮮で、いい経験になった」

 --今回の勝因は

 「気持ちを切らさずに打てたことがよかった」

 --記者会見した感想は

 「たくさんの人の前で話すことがないので、変な感じ」

 --勝利を誰に伝えたいか

 「家族や、一緒に勉強してきた仲間に感謝を伝えたい」

 --今後の目標は

 「名人をとることができて、自信になった。いい状態で(井山裕太四冠との王座戦も)臨めるかな」

 --今後について

 「1局1局をがんばろうという気持ち。井山さんみたいにどんどんタイトルをとっていければ」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

対局の様子はこちらかどうぞ

日本棋院囲碁チャンネル【公式】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集長のおすすめ

ピックアップ記事

女流棋士VSユーチューバー

ページ上部へ戻る